mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン 審査

住宅ローン 審査

 

住宅ローン査定

 

これだけ押さえれば問題なし!

 

住宅ローンを申請する場合には絶対査定を受けなければいけません。

 

査定に通るための下拵えや見所を、住宅ローンアドバイザーの淡河範明氏のコメントを交えてお伝えします。

 

住宅ローンの査定にエントリーする前にどうぞ熟読してください。

 

住宅ローン査定の元住宅ローンの査定を出す前に、キッチリと抑えておきたい元の秘訣を整理しました。

 

査定に出す前の留意点や、査定に落ちてしまってから/通らなかった時のリカバリー術など実践的な中身をお伝えします。

 

数多くの金融機構に出しても安心?

 

住宅ローン査定時に嵌りがちな注意すべきポイントとは

 

住宅ローン査定時に嵌りがちな留意点の心象住宅ローンを使用する上で、

 

誰もが避けて通れないのが住宅ローンの査定です。

 

でも、はじめてのクレジットに「如何にしたらいいんだろう」と戸惑う人も多々あるのでは?

 

査定時に嵌りがちな留意点を整理しました。

 

購買やりたい土地や建物が決まり、ようやく念願の持ち家を入手する!

 

そのような住まい調達のとき、おおよその人が活用するのが住宅ローンです。

 

でも、実を言えばこの住宅ローン、借りる値段が大きいだけあって、人によっては査定に通りにくい事もちょくちょく。

 

エントリーをするには、どのようなステップが必須なのでしょうか?

 

住宅ローンには「前もって査定」と「本査定」の2段階査定がアリ!

 

最初に、知っておきたいのが住宅ローンには2つの査定があるという事。

 

ひとつ目は、自らが望む物件のプライスや施工請負値段がそこそこ決まった事例に、

 

銀行などの金融組織がおこなう「前もって査定」。

 

また、その前もって査定終了後、信用サポート企業等がおこなう「本査定」があります。

 

最初に、突破すべきは銀行による「前もって査定」になりますが、

 

このケースに「申込者の収入、財産状況でその物件を調達可能なのか」。

 

しかも、「銀行から住宅ローンの融資を受ける事ができるなのか」

 

「どれほどのペースだったら、返金ができるなのか」など、申込者の返金キャパシティーと信用力、

 

また償還計画などを検証されます。

 

前もって査定に必須なのは、自身の収入状況を証明可能な書類

 

(源泉徴収票や確定申告書、決算書など)や印鑑、健康保険証や運転免許証。

 

その上、もしも自動車貸し出しなど別の債務を抱えている事例は、

 

その債務額がわかる書類が不可欠になります。

 

銀行によっては前もって査定で物件の書類の提示を求められる時があります。

 

それら資料を元に、銀行側は「完済時の年齢」や年収に満たす住宅ローン償還の比率を示す

 

「返金負担率」、直近での法人の「勤続年月」や「年収」、自身が望む物件の「担保評価額」、

 

申込者の「健康状況」などを見定めします。

 

これらの査定には、だいたい3日前後ぐらい必要になると心積もりておくとよいでしょう。

 

その査定に通った後、ついに信用法人による「本査定」がおこなわれます。

 

こちらも同じように、申込者の返金器量と信用力をチェックされます。

 

査定に通れば、ついに「本契約」へと至ります。

 

通るか心もとないだからといって、何回も査定に出すのはやめましょうプロセスだけみると、

 

そこまで大変そうには感じないかもしれませんが、申込者の状況によっては査定に落ちる事も実によくある事。

 

そんな訳で、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんに、

 

住宅ローンビギナーが申込時の注意すべきポイントを聞いてみました。

 

「最初に、一番目の難関は銀行の前もって査定です。

 

でも、本当は銀行によって査定の方針は全く違うので、『この人だったら確実に通る!』

 

明確な水準は影響しない。

 

ひとつの銀行では通った査定が別の銀行でも通るとは限定しないんです。

 

そのようななか、査定時の留意点として多くの人が落ち込みがちなのが、

 

『いくつかの銀行に片っ端からに査定に出す』というものです」どこの銀行に出せば

 

査定に通るかわからないから、「ひとまずふんだんにだしておこう!」と

 

考慮してしまいがちなところですが、これが実を言えば落とし穴なのだとか。

 

「査定のケースには、個人信用情報と呼ばれる個人の金融履歴を参考にされます。

 

そんな訳で、査定に出すと査定に出したという履歴がつきます。

 

すると、第二に別の銀行へ貸し出しをエントリーする事例に、

 

『あ、この人は別の銀行で査定に落ちたから来たのだろう』と思われてしまい、

 

査定に通りづらくなってしまうんです。

 

『自身の履歴にはまったく問題がない!』と自信がある人以外は、

 

お試しで査定に出してみるというのは避けて望むですね」自身の金融履歴に心もとないがある人は、

 

個人信用情報を取り寄せよう!では、自らの履歴に心もとないがある人は、

 

ざっと如何にしたらいいのでしょうか?

 

「自らの履歴を知りたいという人は、自らの個人信用情報を取り寄せて見極めしてみるのがお薦め。

 

日本にはCIC、KSC、JICCという個人信用情報センターが3つあります。

 

可能なら全てから取り寄せて、自身の過去の履歴を参考にしてみましょう。

 

自身の履歴に自信がある人でも、ことのほか『携帯電話代の決済に遅延があった』

 

『レンタルDVDの返金を忘れていた』なんて細かい傷があったりするので、丹念に見定めする事をベストチョイスします」

 

【査定時に有利になる項目一例】

 

公務員、または正社員である

 

完済時の年齢が80歳未満である

 

貸し出しの返金負担率が35%未満である

 

勤続期間が3年以上である

 

年収が400万円以上である

 

クレジットカードの償還に遅れた事はない

 

携帯電話の決済に遅れた事はない

 

自己破産などの経験はない

 

住宅ローン以外のローンはない

 

過去に大きな病をした事はない

 

個人信用情報を取り寄せて、自らの履歴に問題がなければ、いざ銀行へ。

 

「その一方で、査定に出すのは最大限3行ぐらいまでにしておいたほうがいいですね。

 

多く出しすぎると、金融機構が警戒して査定するスタンスが厳しくなる事があるからです。

 

」何百万円、何千万円という巨額なお金を動かすのだから、

 

銀行側は確実に償還してくれる人にしかお金を貸したがらないのはもちろんの事。

 

住宅ローンの査定前には、最初に自らの個人情報をちゃんと理解する事を忘れずに!

 

住宅ローン査定を出す前に、押さえておきたい極意整理

 

数多にの銀行に査定に出すのはNG

 

査定に出す前には自らの個人信用情報を見極めしよう

 

査定に出すなら最大限3行ぐらいまでにとどめておこう。

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top