mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン 金利

住宅ローン 金利

 

変化vs固定

 

住宅ローン利率は移り変わり利率と固定利率どっちがいいの?

 

貴女の住宅ローンの利息タイプは?2017年4月から9月までのリサーチでは、

 

使用している住宅ローンの利率タイプは移り変わり50.4%・固定利率49.6%

 

(全期間固定12.6%、期間固定36.9%)と、ほぼ同数となっています。

 

マイナス利息導入後から住宅ローン利息はいまだ低利息で推移しており、

 

利息タイプの選択は「変化」「固定」は葛藤するところです。

 

本文章では移り変わり利率と固定利率どっちを選択すればいいのか、見解を一緒に見ていきましょう。

 

初めに利息タイプのポイントを知る移り変わり利率・固定利率は一長一短採り上げるのの整理

 

最初に利率タイプのトレードマークを知る利率タイプは大きく「変化利率」と「固定利率」の2種類があります。

 

最初に、各々の利息タイプのトレードマークを理解する事が重要です。

 

「変化利率」変化利息は返金途中に決まった的に利息が吟味しれるタイプの貸し出しです。

 

俗には利息タイプの中では利息がナンバーワン低く設定されています。

 

利息は半年ごとに再検討しれ、利率が下がれば返金額は減り、利息が上がれば償還額が増加します。

 

とはいっても、半年ごとの利息の再検討ごとに返金額が異なるわけではないのです。

 

俗には償還額の調整は5年ごとに行われます。

 

5年に1度の更新であれば、償還額急上昇に対する下拵えをする猶予ができます。

 

その上利息の再検討後の償還額は前回の125%までしか上がらないルールがあります。

 

仮に月次の返金額が10万円だった時、どれだけ利率が上昇していても

 

5年後の返金額の上限は125%の12万5000円となります。

 

しかし、実のところは返金額が130%急上昇していたケース、残りの5%は免除されるわけではないのです。

 

次の更新時に繰り越される事になります。

 

良い面

 

固定利率よりも利率が低めに設定されている今後利息が上昇しなければ、常に低利率を享受可能な

 

悪い面

 

今後利息が上昇する危険性がある利息が上昇すれば返金額も上昇し返金が苦しくなる

 

心もとないがある「夫妻共働きでゆとり財源がある時は変化利息」

 

利率の移り変わりに応対可能なゆとり財源がある家庭でしたら変化利率がおススメです。

 

ゆとり財源があれば、よしんば利率が上昇しても償還額が異なる前にゆとり元金で繰上げ返金

 

支障がなければ借入額を減らす事ができ利息の上昇にも応対できます。

 

そして借入額がわずかな家庭であれば、利率が上昇で受ける影響は少ないと考慮しられます。

 

「固定利率」固定利息はクレジットをローンた時からあらかじめ決められた期間において

 

利息が固定可能な貸付金です。

 

固定利率には「固定利率期間選択型」と「全期間固定利率型」があります。

 

固定利率期間中は世の中の利率水準がどれだけ上昇しても、利息は再検討しれないため

 

返金額は変化しません。

 

固定利率選択型であれば契約時に3年、5年、10年などといった固定利率期間を選択します。

 

一例を挙げれば最初固定利率10年で月次の償還額が10万円だったケース、

 

10年間は利息が固定されているので償還額は10万円のまま移ろいません。

 

一番目に定めた固定利率期間が終わったら次の利息タイプを選択します。

 

引き続き固定利息を選択する事もできるです。

 

良い面

 

利率が固定されている心配無用感がある返金額が変わらないので収支計画が立てやすい

 

短所

 

移り変わり利率より利率が高めに設定されている今後低利率で推移すれば移り変わり利息より

 

返金額は多めになる「今後10年間、養育費が大きく必要になる時は固定利息使用期間選択型」

 

養育費は想定以上に必要になる時が多く見受けられます。

 

受験前の塾代が予定していたよりかかったため、あらかじめ仕込みしていた大学の入学金が

 

塾代になってしまったという事も滅多にないのです。

 

数年後に養育費が必要になる予定があるので固定利息使用期間選択型がおススメです。

 

最初10年固定利息をチョイスしてでおけば、大学進学中は利息が固定されているので

 

利率の上昇の心もとないもなく収支計画が立てやすいです。

 

「フラット35」完済まで利率がどんどん変わらない全期間固定利率型の代表として、

 

ホーム金融支援機構の「フラット35」があります。

 

フラット35は住宅ローン借入れ時に全返金期間の利息と返金額が確定します。

 

各金融機構で取り扱っていますが、フラット35の適用利率は窓口になる金融組織によって異なります。

 

「今後お金を貯めていく不可欠があるケースは全期間固定利率型」新婚で我が子は今後、

 

または娘は小さく今後お金を貯めていこうと思っているご家庭であれば、全期間固定利息型がおススメです。

 

新婚時には夫妻共働きでも分娩後、専業主婦になる事も考慮しているのであれば、

 

世帯収入が減る事を見越して利率が変わらない全期間固定利率型をチョイスしてでおけば、

 

収支計画が立てやすく心配無用です。

 

他の利息より一番利率が高めに設定されているとはいえ、低利息の現在だからこそ

 

全期間固定利息を選択してでおくのも手でしょう。

 

変化利率・固定利率は一長一短

 

俗に変化利息は固定利息より利率が低めに設定されているので、

 

利率だけみると移り変わり利息を選択してだ方が得ではと考慮する方もいます。

 

仮に今後も低利率水準が続くと変化利率の方が固定利息より総返金額が少なくなる確率はあります。

 

とはいっても、利息が上昇したら返金額も上昇し、懐具合を圧迫する事も考慮しられます。

 

一方、固定利率は変化利率より利息が高めに設定されていますが、利率が固定されているので

 

我が子の教育や老後元金など今後のライフスタイルイベントを含めたマネー構想が立てやすくなります。

 

しかし、今後も低利息水準が続けば変化利率と比較し償還額が多くなる見込みはあります。

 

目先の低い利息設定の移り変わり利率を選定するのか、未来の利息上昇に準備て実際のうちから

 

全期間固定利息を選定するのか固定利率と変化利息の良い面をいずれも享受可能な

 

固定利率選択型をチョイスするのか自らに向いている利率タイプを選択します。

 

住宅ローンは借入れると長期間、返金していく事になります。

 

長期間には家庭の状況、収入の状況など移り変わりする確率は十分あります。

 

利率を選りすぐるときは利率の低さだけではなく、ライフスタイル構想に移り変わりがあっても

 

理不尽なく返金可能なよう選択してでおく事が価値があるです。

 

今度の整理

 

初めに利息タイプ

 

各々のもち味を知る利息タイプ各々の長所・悪いところがある

 

今後10年間、養育費が大きく必要になるケースは固定利息活用期間選択型

 

今後お金を貯めていく必須があるケースは全期間固定利率型

 

家族共働きでゆとり元金がある事例は変化利率。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top