mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

mfs salesforce

mfs salesforce

 

オンライン型ユーザー管理導入ケース-MFS-セールスフォース・ドットコム

 

フィンテック領域の開始膨れ上がる会社が“SalesCloud×Community×Heroku”で

 

金融界に新風を吹き込む!

 

産業アイデアの実現に大きく貢献するセールスフォース・ドットコムの“地球に優しく体系”

 

フィンテック会社が新サービスの実現手段としてSalesforceを選択

 

過去に高金利で組んだ住宅ローンをより低利率で組み直す“借り換え”。

 

その拡大が進まない日本の現況に風穴を開けるものとして、住宅ローン借換ツール

 

「モゲチェック」が注意を集めている。

 

このアプリケーションは、ユーザーが自身の住宅ローンの情報を入力すると、

 

借り換えによる総返金額の節減成果を試算し、全国の銀行120行、1000本以上の貸し出しの中から

 

最適な構想を造作なくに選択の余地があるというもの。

 

いわゆるフィンテック会社(Fintech=Finance+Technology)である株式会社MFS(東京都千代田区)に

 

よって2015年6月に公表され、わずか約3か月間でユーザー数は5000名を突破、提携金融機構も

 

オンライン系銀行4行にのぼっている。

 

モゲチェックは、同社代表取締役CEOの中山田明氏が、2009年の創業時から

 

温めてきたアイデアを形にしたものだ。

 

システム上、日本の金融組織は、他行のユーザーのクレジットの状況を理解できないため、

 

自行のクレジットへの借り換えを勧めるピン見所な助言をするのが手を焼く。

 

一方のカスタマーも、借り換えについての情報の少なさなどからわりと一歩踏み出せない。

 

中山田氏は、みんな手軽にに借り換え可能なITサービスを創出すれば、産業として成立すると確信。

 

それを実現する手段としてチョイスしてだのがSalesforceだった。

 

情報一元化で各金融機構のユーザーごとに最適化した“1on1マーケティング”を実現

 

同社は、限定しれた財源と期間で急伸びるを目指す、いわゆる“幕開け膨れ上がる”だ。

 

初期出資額を抑えつつ迅速に仕組みを構築しなければならない。

 

並行して、住宅ローン情報を扱う以上、安全対策対策に万全を期さなければならない。

 

Salesforceは、それらの要件をすべて満たしていた、と中山田氏はいう。

 

「加えて、Salesforceならパートナー会社の忠告を受けながら

 

対面製作で共にアイデアを実現可能な。

 

“エコロジカル体系”と呼ばれるセールスフォース・ドットコムの満喫した経済圏は大いに心配無用感がありました」

 

(中山田氏)

 

モゲチェックは、全国の金融機構の住宅ローン情報を決まった的に取得してSalesCloudに、

 

ユーザーの住宅ローン情報をHerokuに格納。

 

両者を連動させて自動的にシミュレーションを行い、借り換えによる省コスト化影響などの情報を

 

アプリケーション上に表示する。

 

ユーザーの反応は上々だ。

 

一方、金融組織側にも大きな良いところがある。

 

ユーザーの入力したデータをPartnerCommunity上で分析した上で、ユーザーが要望した時、

 

その人に最適な借り換えの情報をメッセージとしてツール上にプッシュ通知可能なのだ。

 

つまり、旧来は困難だった他行のクライアントごとにカスタマイズした“1on1マーケティング”ができるになったわけだ。

 

「フィンテック方面の本流的な商いの空間が見えてきた」

 

モゲチェックのユーザー数は、2015年末までに1000名という中山田氏の予想をはるかに超え、

 

年内に10000名を突破しそうな勢いだ。

 

その要因のひとつとして中山田氏は、Salesforceの構築スピードの速さ、“環境に優しく仕組み”による

 

製作・運用環境のよさを挙げる。

 

そして、金融機構との業務提携も想定を上回るペースだという。

 

「金融機構は安全対策面にそれに対し大いにきつい。

 

弊社のようなベンチャー会社がいきなり契約をお願いしても、ありきたりなら門前払いでしょうが、

 

『Salesforceを使っています』のひと言で先方の心もとないを一掃する事ができました」(中山田氏)

 

Salesforceのデータベースを応用し、そして一歩進んだ産業モデルの構築を

 

吟味している中山田氏。

 

「Salesforceを土台とするモゲチェックの発表によって、顧客の財産運用に反対に包括的に助言するような、

 

まさしくフィンテックフィールドの本流的な商いの空間が見えてきました。

 

その実現のためには、今後もセールスフォース・ドットコムのアフターケアが欠かせません」(中山田氏)

 

既成コンセプトを打ち破る新サービスで金融界に大きなインパクトを与えた同社は、

 

今後もSalesforceを応用し、フィンテック会社としてさらなる飛躍を誓う。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top