mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン 繰り上げ返済

住宅ローン 繰り上げ返済

 

住宅ローンの繰り上げ償還で返金額は実際に減る?やめた方がいい時とは

 

金融緩和施策の影響もあって、住宅ローンが低利率になっていいます。

 

これを機会に持ち家のショッピングを吟味する方も多々あるのではないでしょうか。

 

住宅ローンというと、繰り上げ返金をして可能な限り早く償還を終わらせようと頑張っている方も多々あるでしょう。

 

実のところのところ繰り上げ償還をすると、どの程度返金額が減るのでしょうか。

 

加えて、実際に繰り上げ返金はした方が良いのでしょうか。

 

そんな訳で今度は、住宅ローンの繰り上げ返金の長所・悪い面について紹介します。

 

そもそも繰り上げ償還とは繰り上げ返金とは、通例の償還額とは別枠で

 

任意の額を償還する事です。

 

金融機構によって、繰り上げ償還手数料が必要になる事例とかからない事例がありますので

 

前もってに検証が必須です。

 

このところでは、オンラインバンキングで手間なくに繰り上げ返金可能な金融機構も増加してきました。

 

繰り上げ返金の成果

 

繰り上げ償還をした事例、その分は元本の償還に割り当てされます。

 

すると元本が減った分、元手をもとに計算される利率分も減るため、月次の返金額が減ったり、

 

返金期間が短縮できたりという成果があります。

 

繰り上げ償還の良いところとは繰り上げ償還は、その影響によって2つのタイプがあり、

 

好きなタイプをチョイスしてで返金する事ができるです。

 

タイプの種類と各々の良いところについて紹介します。

 

◆月次の償還額を削減する事が可能な:償還額和らげるタイプ

 

住宅ローンは償還中の月次の償還額がいつも一定となる、元利均等方式を選り抜く時が多々あるです。

 

年々月次の返金額が減っていく元本均等方式とは相違、元利均等方式を選択すると最後まで返金額が変化しません。

 

繰り上げ返金を応用すると、元利均等方式であっても元手が減るため、月次の償還額を減らす事ができるです。

 

例を挙げると「今後娘の進学でお金が必要になる」という家庭は、月次の償還が苦しくなる事があります。

 

そんな訳で繰り上げ返金を活用すれば、月次の返金額を押し止める事が可能なのです。

 

◆早期に完済可能な:返金期間短縮タイプ

 

住宅ローンの返金を早く終わらせたいケースは、繰り上げ返金しても

 

償還額を変更せずに、償還期間を短縮する事ができます。

 

繰り上げ返金の代金に応じて返金期間を短縮できますので、早く住宅ローンの重圧から

 

解放されたい方にはこちらがベストチョイスです。

 

移り変わり利率の事例、繰り上げ返金で償還額が上がる?

 

ここまでは、住宅ローン利率が変わらない、フラット35のような固定利率で繰り上げ返金をするケースを

 

紹介してきましたが、中には住宅ローンを変化利息で組んでいる人もいるでしょう。

 

実を言えば、移り変わり利率の人が繰り上げ償還をすると、機会によっては月次の返金額が

 

増加してしまう見込みがあるため用心が必須です。

 

変化利息でも突然利息が上昇した時のために、一定期間は償還額が変わらないような設定になっている事があります。

 

例を挙げると、変化利息が1%から2%に上昇した時、直ちに金利分分の返金額が増額するのではなく、

 

一定期間については利率分が増大した分だけ月次の元本返金分を減らす事で、

 

月額償還額を一定に保ってくれるのです。

 

これによって、突然利息が上昇しても懐具合を直撃する危険性を回避してくれます。

 

ところが、繰り上げ返金をすると、繰り上げ償還時点の利率で月次の償還額が再計算されてしまいます。

 

pixta_11112339_S繰り上げ返金をするとどんなときでも返金額が減るわけではないのです。

 

つまり、利息が2%に上昇した時に繰り上げ返金をすると、2%の利息で以降の返金額が計算されるため、

 

かえって償還額が増加してしまうのです。

 

変化利息の人は、瞬間によっては悪いところとなる見込みもありますので、

 

利率が激しく変化している時は慌てて繰り上げ償還せず、返金頃合を見極める事をイチ押しします。

 

繰り上げ償還はしないほうが良い事もある日本人は貸し出しに反対に“ローン”というネガティブな心象が強いため、

 

繰り上げ償還をして住宅ローンの早期完済を目指す事は相当良い事だと考慮しられています。

 

おっしゃる通り繰り上げ償還は、今後の懐具合の負担を思案するとベストである事もありますが、

 

逆にお金にゆとりがあっても繰り上げ償還しないほうが良い場合もあります。

 

◆住宅ローンは最も低利息な融資である

 

娘が今後高校や大学へ進学するとなると、かなりの現金が必須になります。

 

もしも現金がなければ銀行などからクレジットを組んで借入れをする事になります。

 

ただ、銀行でクレジットを設けるにしろ、クレジットカードでキャッシングするにしろ、

 

利率については間違いなく住宅ローン利息よりも高くなるはずです。

 

住宅ローンというと、1日も早く完済する事が最善と信じられていますが、

 

理不尽をして繰り上げ償還すると、手元の現金にゆとりがなくなってしまい、

 

仮にの浪費の時に新たな借入れが不可欠になってしまいます。

 

それにより、手元の現金にゆとりがなければ、理不尽をして繰り上げ償還をせず、

 

水準を満たすまでの値段は手元にとっておく方が良いでしょう。

 

繰り上げ返金はすれば良いというものではない

 

生活計画を立て計画的な選択をしましょう

 

繰り上げ返金というと、おおかたの人がした方が良いと心積もりてしまうかもしれません。

 

ただ、現況の利息や償還方式、加えては家庭における現金の蓄えなどによっては、

 

繰り上げ償還をしない方が良い時もあります。

 

それにより繰り上げ償還を可能なだけのまとまった現金が仕込みできたら、一度繰り上げ返金した時と

 

しない時で削減可能な金利分の減額奥行きや、短縮可能な償還期間などについて

 

シミュレーションしてから決断すると良いでしょう。

 

◆如何にしたらいいのか困ったら...

 

繰り上げ返金をすべきか如何にかは、利率のほか、

 

家庭の会計の状況や世帯構成によって変わってきます。

 

自身だけで決断がつかない事例は、ファイナンシャルプランナーや銀行の窓口で話し合いすると

 

的確な助言やシミュレーションをしてもらう事が可能なでしょう。

 

●整理

 

繰り上げ償還には、返金額低減タイプと返金期間短縮タイプがある

 

繰り上げ返金すると、その時点の利率で再び計算される

 

住宅ローンは他の貸付金よりも利率がとても低い。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top