mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン控除

住宅ローン控除

 

住宅ローン減税システムの大筋

 

ここが着目点!

 

毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除所得税で控除しきれない分は

 

住民税からも局所控除住宅ローンの借入れを行う個人刻みで申請支出税率の引上げにあわせて

 

大幅に拡充仕組み拡充の大筋住宅ローン減税システムは、住宅ローンを借入れて住まいを

 

取得するケースに、取得者の利率負担の和らげるを立案するための仕組みです。

 

毎年末の住宅ローン残高又はホームの取得対価のうちいずれか少ない方の

 

代金の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます

 

(ハウスの取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。

 

そして、所得税からは控除しきれない時には、住民税からも部分控除されます。

 

この住宅ローン減税ルールは、平成26年4月からの支出税率の引上げにあわせて、

 

大幅に拡充されています。

 

そして、申請は、住宅ローンを借入れる者が個人刻みで申請します。

 

世帯刻みではない事に配慮してください。

 

支出税率の引上げは、平成26年4月に8%、平成31年10月に10%と二段階に区分て行われますが、

 

住宅ローン減税は、平成26年4月から平成33年12月まで同じ拡充中身となっています。

 

対象住居住宅ローン減税は、新築家屋だけでなくユースドハウスも対象となります。

 

しかも、増築や一定スケール以上の修繕・模様替え、省エネ・段差のない改造なども

 

100万円以上の施工費のケースは、住宅ローン減税の対象となります。

 

しかし、省エネや段差のないの時は、別の改修減税(特定増建て替え等ハウス借入金等スペシャル控除)

 

の方が有利な事例がありますので、よくご見定めください。

 

(改修減税との重複使用はできません。)

 

住宅ローン減税の対象となる増築、改修施工増建て替え、建築レベル法に規定する大スケールな

 

修繕又は大スケールの模様替えの施工マンションの専有ところの床、階段又は壁の過半について行う

 

一定の修繕・模様替えの施工住まいのうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、戸口又は廊下の

 

一室の床又は壁の丸ごとについて行う修繕・模様替えの施工免震改善施工(現行免震レベルへの順応)

 

一定の段差のない修繕施工一定の省エネ改造施工。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top