mfs住宅ローン

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

mfs 住宅ローン

msf住宅ローン

 

住宅ローン対比ツール「モゲチェック」運営のMFSが

 

総額2.5億円の財源調達を実施、不動産業界との協力で認知強化!

 

住宅ローンの対比や借り換えのコンサルティングをビジネスとする

 

MFSは8月28日、総額2.5億円の第三者割当増資を実施した。

 

引受先はオプトベンチャーズ、グロービス・キャピタル・パートナーズの2社。

 

オプトベンチャーズが採り上げるののラウンド主導をとっており、グロービス・キャピタルパートナーズは

 

前回に引き続き2度目の出資となる。

 

住宅ローンの新規ローンから申請、借り換えまでをコンサルティングしている同社。

 

7項目の情報を入力するだけで、借金できるな代金や前提を知る事が可能なアプリケーション「モゲチェック」、

 

住処情報WebページHOME’Sや懐具合簿ツールzaimと開発ツール協力している前もって査定サービス「モゲスコア」、

 

実お店の「モゲチェック・プラザ」を運用している。

 

ユーザーはモゲチェックやモゲスコア上で本人の借金要件を理解した上で、電話や実お店のモゲチェック・プラザへ

 

話し合いする事で最適な住宅ローン選択しをする事が可能な、といった仕組みだ。

 

月々払い続ける費用が安上がりになるのは実用的な事だが、とはいえ普段的に住宅ローンを

 

借り換えたいと腹積もりているユーザーはそれほど多くないだろう。

 

同社取締役COOの塩澤崇氏に聞いたところ、以下のように返答してくれた。

 

「住宅ローン市場の1200万件のうちの半数の600万件が100万円以上の借り換え

 

良いところがあるとされています。

 

弊社で取り扱いをした借り換えの利率削減額の平均代金も480万となっているにもかかわらず、

 

一般の人々は借り換えによる良いところを知らないのが現況です。

 

この非パフォーマンスかつ巨大な市場でユーザーファーストな仕組みをつくるためにサービスを展開しています」

 

(塩澤氏)。

 

同社は貸付金の借金額の中からユーザーに20万円を手数料として支払ってもらう

 

マネタイズモデルをとっている。

 

銀行からの解説料金のバックをとっていないため、フラットな形で住宅ローンをユーザーに勧められるのが特色だ。

 

採り上げるの元金調達は新サービスの製作とサービス認知のためのマーケティング強化を目的としている。

 

新規ユーザーの開拓に関してはHOME’Sなどの提携により不動産の思い巡らす・契約時にクレジットの最適な

 

構想を提示する形をすすめていたが、今度オプトベンチャーズの提携により不動産フィールドとの

 

連動をしかも強化していく。

 

しかもローンを実施したユーザーのデータを応用し、いつも最適な借金前提をウォッチ可能なよう

 

貸付金管理を同社が実施する仕組みを製作している。

 

2018年度には住宅ローン媒介プライスを年間1000億円にする事を目指す。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

 

目次

 

mfs採用

mfs 採用

 

MFS新しい住宅ローン選択しの形

 

ユーザーにいつもベストな選択を来るべき社会のリテール金融を技術の力で。

 

マーケットを技術でパフォーマンス化し、ユーザーが最適な貸付金を選択の余地があるようにする

 

私たちは、技術の力でリテール金融に革新を起こすFintech始動膨れ上がるです。

 

ターゲットはリテールのコアアイテムである住宅ローン。

 

1200万件・200兆円にものぼる超巨大マーケットを技術でパフォーマンス化し、

 

ユーザーが最適な貸付金を選択の余地があるサービス展開にトライしてみたい方、是非ともご応募下さい!

 

住宅ローンマーケットとは多くの人にとって生涯最大限・最大の借金となる住宅ローン

 

勤労世帯のうち住宅ローン活用者はおよそ5割。

 

その実日本人にとって住宅ローンは馴染み深い金融アイテムなのです。

 

その上借入額は平均2500万円と高価で、償還期間も35年と長期に渡ります。

 

ユーザーのためにクレジットを忠告するサービスがない!?

 

多くのユーザーは全国1000本以上ある貸付金を対比する事なく、不動産法人が教授する

 

たった2〜3本の提携貸し出しからチョイスしてでローンたり、再検討の場合は誰からもアフターケアを

 

得られず自力で対比吟味しないといけないなど、ユーザーフレンドリーとは言えない状況です。

 

未だにアナログな住宅ローンのエントリープロセスしかも、住宅ローンのエントリーはアナログなまま。

 

申込書に約150の項目を記入する必須があり、更に紙・発送・FAXでやり取りが行われ、

 

査定に何日もかかります。

 

でも・・・「万が一外部DBと連動する事で何も情報を入力せずにクレジットエントリーが支障がなければ?」

 

「仮に査定がリアルタイムで可能なら?」「万が一ボタン一つで貸し出しが行えるされて住宅が買えれば?」

 

アナログであるが故に、デジタル化の余地は無限大です。

 

それだけユーザーにとてつもないインパクトを用意可能なチャンスが残っているマーケットなのです。

 

SERVICE非パフォーマンスな住宅ローンファイナンスを大きく変える、技術を応用した

 

実際までにないサービスを展開しています。

 

株式会社MFS日本初のサービスを用意する“住宅ローン×技術”のFinTechベンチャー住宅ローンを

 

不可欠とする人の、最も有利な前提でのローンや借り換えを実現!

 

“住宅ローン×技術”のFinTechベンチャーである、株式会社MFS(MortgageFinancialSolutions)。

 

“個人懐具合のマックス支出である住宅ローンを、最先端のファイナンシャル・テクノロジーでパフォーマンス化する”

 

事を標榜し、日本初の住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」や

 

日本初の住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」、

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」を運営している。

 

日本の約1200万世帯が活用し、総額約200兆円にのぼる超巨大マーケットの住宅ローン。

 

多くのユーザーにとっては、生涯最大限のローンとなるインパクトの大きな影響だ。

 

にもかかわらず、「どの住宅ローンを選べばいいのか?」「現在借りている住宅ローンが最も有利なのか?」

 

「借り換えをすれば得するのか?」「繰上返金をしたほうがいいのか?」

 

といった不満を抱えている人がとても多々あるといわれる。

 

そのきっかけは、中立的な、真に借り手の立場で最適な住宅ローンを忠告するサービスが、

 

日本には影響していなかったから。

 

個人に多額の財源を融資する住宅ローンの査定は厳しく、査定水準などは

 

金融組織ごとに異なるため、当該サービスを成立させる事は困難である事がその一因とされる。

 

米国では、住宅ローンの利息がちょっとでも下がると、一斉に借り換えが行われている。

 

それは、「モーゲージ・ブローカー」と呼ばれる専門エキスパートが影響し、

 

金融機構とユーザーの間に立ってユーザーに情報を供給し、借り換えを促進する商いを行っているから。

 

モーゲージ・ブローカーは約10万人影響していて、1兆円ほどの市場が形成されていると

 

いわれるほどだ。

 

同社を創業した代表取締役CEOの中山田明氏は、ベアー・スターンズ証券で日本初の

 

住宅ローン証券化に関わった後、新生銀行/新生証券で住宅ローン証券化チーム責務者

 

として5000億円以上の案件を組成。

 

その後、SBIモーゲージ(現・アルヒ)でCFOを歴任した

 

住宅ローンファイナンス&アナリティクスのプロフェッショナル。

 

「米国にあって日本にないサービスを日本でつくろう」と、同社を始動させた。

 

そのような同社には、住宅ローンやITのプロフェッショナルが集まっている。

 

取締役COOの塩澤崇氏は、モルガン・スタンレー証券で住宅ローン証券化産業に従事し、

 

モーゲージバンク設立やマーケティング戦略立案などに関わった。

 

その後、ボストン・コンサルティング・グループでメガバンクや証券、生保の国内営業戦略や

 

外国進出などのコンサルティングを手掛けた。

 

そのほか、巨大資本金融組織出身の金融アイテムデータ分析のスペシャリストや、

 

メガバンク/地銀出身の住宅ローン実務スペシャリスト、始動急上昇のCTO経験者、

 

セールスフォースのスペシャリストなどがそろう。

 

こうしたメンバーにより、最先端のファイナンススキルとITを融合させる事で、

 

“住宅ローンを不可欠とする人が、最も有利な要件でのローンや借り換えが可能な”

 

サービスの製作・供給に取り組んでいる。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

mfs モゲチェック

mfs モゲチェック

 

MFS、個人の信用スコア分析知識と不動産情報を連動させた

 

住宅ローンプラットフォーム構想「モゲチェックPLUS」を製作・展開!

 

MFS、個人の信用スコア分析知識と不動産情報を協力させた

 

住宅ローンプラットフォーム構想「モゲチェックPLUS」を製作・展開!

 

不動産法人と提携し、18年7月に供給開始住宅ローンの借金が技術によってパフォーマンス的に

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを用意する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO中山田 明、以下「MFS」)は、

 

本日住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」をリニューアルし、

 

個人の信用スコアを分析して全国140金融機構の融資確率を推定する性能を付け足ししました。

 

加えて、不動産企業と提携し、融資確率の推定パフォーマンスを実装したモゲ参考にと

 

不動産情報を協力させる事でオンライン上で最適な住宅ローンが選べる住宅ローンプラットフォーム

 

「モゲチェックPLUS」(モゲチェックプラス)を製作予定です。

 

そのプラットフォーム製作のための戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産株式会社

 

(本社:埼玉県本庄市、代表取締役 塙圭二、以下「ケイアイスター不動産」)と業務提携しました。

 

本提携により、ケイアイスター不動産の物件購買ユーザーにそれに対しモゲチェックPLUSの

 

サービスを2018年7月から開始する予定です。

 

融資確率の推定パフォーマンスについて 金融組織にエントリーする前に住宅ローンローンの

 

一般的な要件が想定可能な、ユーザーの信用力を客観的に測る規格(信用スコア)

 

「モゲスコア」を2017年1月に製作しました。

 

このたび、この働きを更にパワーアップさせて全国140金融機構の融資確率を個別に推定可能な

 

働きをモゲチェックに本日付け足ししました。

 

これにより、ユーザーは査定に通る確率が高い金融組織から借入前提がよい貸付金を

 

チョイスする事ができるとなります。

 

住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について ここの所、利息競争によって

 

住宅ローンの採算性が低下し、住宅ローン提供から撤退する巨大資本金融機構も出てくるなど、

 

住宅ローン提供のパフォーマンス化が金融組織の経営問題となっています。

 

そして、家屋調達予定者の中には、オンラインで住宅ローンが手軽にに対比可能なため、

 

不動産企業が斡旋する貸し出しではなく幅広く住宅ローンを対比した上でベストなものを

 

選択したいと一考する方も増加しつつあります。

 

こうした環境移り変わりの中、MFSはオンライン上で住宅ローンの選択、エントリー及び融資後の

 

アフターバックアップが受けられるプラットフォーム「モゲチェックPLUS」を製作する事にしました。

 

このモゲチェックPLUSでは、ユーザー情報に加えて不動産法人が保有する物件情報を

 

データ連動させる事を予定しており、住宅ローン申請のオンライン完結を目指します。

 

加えて、ユーザー・金融機構・不動産企業の3者がwin-winの係りとなるよう、

 

現在までにない以下長所を供給する事を目指します。

 

ユーザー

 

推定された個別金融機構の融資確率を元に全国の金融機構の中から

 

 最適な住宅ローンを選択の余地がある

 

貸付金エントリー及び契約はオンラインで完結し、来店要らないで申込み手順が完了する

 

融資後のアフターアフターケア(最適な借り換え先の助言など)が受けられる

 

金融組織

 

住宅ローンの集客及び提供をMFSにアウトソースでき、住宅ローン提供必要経費を削減可能な

 

不動産企業

 

住宅ローンの助言や申請申込み手順をMFSにアウトソースでき、住宅ローン事務から解放される 

 

しかも、プラットフォーム構想の戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産と業務提携しました。

 

他にも、ケイアイスター不動産の物件調達ユーザーに反対にモゲチェックPLUSのサービスを

 

2018年7月から開始する予定です。

 

この提携を契機に、フィンテックを応用した不動産提供時の住宅ローンファイナンスパフォーマンス化を

 

推進していきます。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

mfs 塩澤

mfs 塩澤

 

株式会社MFS、ビジネス拡大に伴い経営システムを強化 

 

ボストン・コンサルティング・グループ出身の塩澤崇氏がCOO就任 

 

住宅ローンに特化したFintech会社である株式会社MFS

 

(所在地:東京都千代田区 代表取締役CEO:中山田 明 以下「私ども」)は、

 

取締役COOとして元ボストン・コンサルティング・グループの塩澤 崇氏を迎え入れた事をお知らせ致します。

 

住宅ローン借換アプリケーション「モゲチェック」は、全国120行1000本以上の住宅ローンから

 

最も安上がりな貸し出しを選択できるアプリケーションとして先月4日に発表後、ユーザー数を拡大しております。

 

それに伴い、モゲチェックの金融組織向けマーケティングパフォーマンスを応用する金融組織が増大しており、

 

楽天銀行・住信SBIオンライン銀行・ソニー銀行・イオン銀行の4行との契約締結が完了しております。

 

塩澤氏はモルガン・スタンレー証券にて住宅ローン証券化商いに参画した後、

 

ボストン・コンサルティング・グループにて国内外の一流企業金融機構向け経営コンサルティングを実践してきました。

 

その豊富な人脈・経験を生かし私どものビジネス拡大をドライブして頂きます。

 

塩澤崇氏のメッセージ 

 

 「住宅ローンは懐具合マックスの支出にも関わらず、

 

多くのユーザーが最適な住宅ローンを選べていません。

 

CEOの中山田氏とともに金融の知識と技術を駆使し、ユーザーが最適なフィナンシャルプランを

 

選択・維持可能な画期的なサービスを用意して参りたいと考えます。」

 

塩澤崇氏の略歴

 

2006年 東京大学大学院情報理工学系研究科修了

 

2006年 モルガン・スタンレー証券にて全国の地銀・モーゲージバンクと提携した住宅ローン証券化産業を構築。

 

 加えて、モーゲージバンク(ジパング住宅ローン)を設立し、住宅ローン証券化ビジネスを拡大

 

2008年 Conduitprogram型住宅ローン証券化(JLOC-M1)を担当

 

2009年 ボストン・コンサルティング・グループにて金融方面を中心に経営コンサルティングを実施

 

2015年 MFSにて取締役COOに就任モゲチェックの解説 

 

モゲチェックの説明

 

モゲチェックでは、借り換えで省コスト化可能なクレジット返金額(以下「借換良い面額」)が

 

手軽にに分かると共に、全国の銀行120行1000本以上の住宅ローンを網羅した順位を見て、

 

最もリーズナブルな貸し出しを選りすぐる事ができます。

 

手軽にな入力で借換良い面額が分かる 

 

総償還額(元金+利率+諸総額)で順位された全国の銀行120行1000本以上の

 

クレジットの中から最もリーズナブルな貸付金を探してエントリーする事が可能な 

 

モゲチェックの金融機構向けサービスを活用している金融組織からユーザーに借換案内が届き、

 

それに反対にユーザーが質問やエントリーが可能な。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェック 手数料

モゲチェック 手数料

 

モゲチェックで突き詰めて話を聞いて来た!

 

手数料やサービスの仕組みを徹底紹介!

 

相当腰が重い住宅ローンの借り換え。

 

自らで調査したり対比Webページを見てみたりしたところで、結局どれが安上がりで心配無用なのかが

 

今一つわからなくないですか?忙しくてじっくり思案するゆとりもないし、そもそも骨が折れるだし。

 

不可欠な書類は?経費は? 借り換えに間違いして損したりしないだろうか?

 

諸々心もとないですよね。

 

そのような方におススメなのが「住宅ローンの借り換えコンサルティングサービス」。

 

このページでご解説する「モゲチェック」というサービスには以下の3つの特長があります。

 

自身がお薦め得する借り換え構想を全国120の銀行の中から見つけて来てもらえる。

 

書類を役所に取りに行く、必須な書類を記述する、銀行に申請申込み手順をする、

 

といった骨が折れるな事をすべてやってもらえる。

 

借り換え申込み手順完了後も、貸し出し完済までの間どんどん厄介を見てもらえる。

 

凄くないですか?その上、前もってにフリーで電話見立てを受ける事もできます。

 

電話所見で教えてもらえるのは以下の3つ。

 

総返金額はどんだけ減らせるのか?

 

月々の支払額をどれだけ減らせるのか?

 

決済期間の短縮は可能なのか?

 

フリー電話見立てなのに、多彩な角度から借り換えの忠告を受ける事ができます。

 

凄すぎます。

 

そんな訳で私、新宿にある「モゲチェック・プラザ」へ実のところに行って、諸々話を聞いて来ました!

 

サービスの特長は無論、手数料が生じてする機会や入金テクニックなど、

 

引っかかる事を一切聞いて来たのでご解説します。

 

「まぁ、現在のままでもいいか。たいして変わらないだろうし」なんて思ってるアナタ。

 

総返金額が400万円以上減る人も滅多にないんです。

 

フリー電話見立てだけでも、受けてみる長所はありますよ。

 

先に、採り上げるのご解説するサービスの経費をお知らせします。

 

不安になりますよね。

 

電話所見はフリー。

 

自身が住宅ローンを借り換えた事例、マックスどれだけ得をするか教えてもらえます。

 

本格的にサービスを活用して借り換えを遂行すると、再考による利息削減額の10%が手数料として現れて。

 

例を挙げると400万円減らせたら40万円が手数料。

 

しかし、下限25万円、上限50万円まで。

 

手数料は借り換えるときの諸出費と併せてクレジットに含める事が可能なから、

 

自己財源ゼロでの借り換えもできる。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェックプラザ

モゲチェックプラザ

 

モゲチェックプラザ住宅ローンの切り換えコンサルティング

 

平均借換良い面480万円!住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

借り換えの専門家「モゲチェック・プラザ」は全国120銀行から選択の余地がある住宅ローン店舗。

 

骨が折れるな申込み手順・交渉もエキスパートにお任せください!

 

中には償還額【1000万円以上ダウン】の時も。

 

電話やショップでの所見は「フリー」です。

 

最初にリラックスしてにお問合せください。

 

新業態の住宅ローンお店「モゲチェック・プラザ」開業1年ご使用者及び住宅ローン借り換え実績を公表!

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを供給する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)が運営する住宅ローンお店(※)

 

「モゲチェック・プラザ」は、このたび開業1周年を迎えました。

 

そんな訳で、ポイントまでに開業以降の実績をご導き致します。

 

※住宅ローン店舗:いくつか銀行から最適な住宅ローンを選択し、申請申込み手順支援を行うサービスストア

 

ご活用状況 

 

我社住宅ローンお店「モゲチェック・プラザ」に実のところに来店され、

 

借り換えサービスをご活用されたクライアントは、開業の翌月から目下まで月次前月を上回り、

 

蓄積ご契約代金(住宅ローン元金)は約80億円、契約者数は約350名となりました。

 

ご活用者の属性 

 

男女比では80%以上の方が男性で、世代別では40代が最も多く、

 

平均年齢は44歳です。

 

借り換えの実績 

 

借り換えサービスの使用者は、平均で480万円の

 

借り換え長所を享受しており、その最高額2100万円です。

 

総償還額で対比すると、借り換え前の総償還額は平均で3914万円が借り換えによって

 

3435万円に、利息は平均で1.8%が0.6%に下がっています。

 

なお、利率タイプは移り変わりと10年固定が選ばれています

 

ユーザーの評価 

 

サービス喜び度リサーチ(5段階評価による質問)を実施しており、

 

最高の5をつけた活用者は総体の70%を占め、平均は4.6です。

 

主なコメントは以下の通りです。

 

「銀行までの付き添い等骨が折れるを見ていただけて大変助かりました。」

 

「時の限界があるなか、問題点を先回りして応対頂き、心配無用してお任せできました。」

 

「ご扱っても慎重で、心配無用可能なバックアップでした。

 

借り換えを腹積もりている友達には皆、推奨しています。」

 

モーゲージスペシャリスト(住宅ローンアドバイザー)のバックグラウンド 

 

最適な住宅ローン選択しを忠告する弊社のアドバイザーはみんな金融機構出身であり、

 

そのうち銀行出身者が9割を占めています。

 

加えて、全社員が住宅ローンの実務経験を有しています。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

mogecheck アプリ

mogecheck アプリ

 

住宅ローンの借り換え専門アプリケーションが日本で初登場!

 

住宅ローンの借り換え専門ツールが日本で初登場しました。

 

住宅ローンの借り換えツールの名前は「モゲチェック」。

 

マイナス利息の導入により、ここ今の時代いっぺんに住宅ローンへ注意が集まっていました。

 

「よりリーズナブルに借り換えをやりたい」というニーズが高まっていたのが、

 

採り上げるののサービスの公表の背景にあります。

 

今度は「モゲチェック」というのが一体どのようなサービスなのかを参考にしてみました。

 

モゲチェックの全体モゲチェックはiphone、アンドロイド、どっちにも扱ってしたモバイルアプリです。

 

公式Webページで挙げられていた見所は以下の3つ。

 

借り換え良い面額を参考に!

 

貴女だけの順位を成形

 

今後の返金額を手っ取り早く分析!

 

ツールは住宅ローンに特化しているので、とても質素でわかりやすいです。

 

加えて、銀行120行、1000本以上のカードクレジットを網羅してるので、表示される順位も信用性も高いです。

 

極意3にある「今後の返金額を手っ取り早く分析!」というのも素敵です。

 

利率の移り変わり率を入力する事で、月次の償還額を瞬く間に計算してくれます。

 

住宅ローンともなると数十年刻みで計算する不可欠もあるので、

 

この返金額を計算してくれるパフォーマンスはかなり有益ですよね。

 

実ストア話し合いサービス「モーゲージネクスト」

 

このツールを公表をしているのが、株式会社MFS。

 

この企業では、ツールだけではなく、実お店で住宅ローンの借り換えについて

 

話し合い可能なサービス「モーゲージネクスト」を展開しています。

 

公式Webページを見てみたところ、サービスの秘訣として以下を挙げていました。

 

キーポイント

 

1 最も有利な要件の住宅ローンをご教授

 

2 厄介な借り換え申込み手順をトータルアフターケア

 

3 自己財源ゼロ

 

※エントリー金融組織及び査定結果によっては自己財源が不可欠となる時がございます。

 

住宅ローンは何かと複雑なところがあり、話し合いしたくても、誰に折衝をすればいいのか

 

不明であると考えますが、モーゲージネクストのようにエキスパートに聞きたい事を

 

そっくり話し合い可能なのはとてもありがたいサービスですよね。

 

公式Webページを見たところ、所見自体はフリーでしてもらえるみたいなので、

 

ひとまず話だけ聞きに行くのもいいかもしれません。

 

今後ストア数が増える確率もあるとは考えますが、目下は京橋店のみとなっています。

 

住宅ローンは賢く借り換えをマイナス利率の導入もあり、現在住宅ローンは現実に盛り上がっています。

 

貴女も今後住宅ローンを如何にしようか心積もりている1人かもしれません。

 

今度ご解説したモゲチェックは気楽に自身の状況が所見可能なので、住宅ローンに悩んでいる方に

 

何とぞとも使っていただきたいアプリケーションです。

 

しかも、京橋周辺に事務所がある方や近くに住んでいる方は実ショップである、

 

「モーゲージネクスト」に行って、直接トラブルを聞いてもらうのもいいかもしれません。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

株式会社mfs 評判

株式会社mfs 評判

 

株式会社MFSの評判・口コミ社員・元社員からの評判

 

良い点の返答2人

 

見過ごせない点の返答3人

 

良い点

 

業務のやりがい

 

キャリア自らの業務がユーザーの利益に直接反映される点が

 

いいところでありやりがいを感じられます。

 

個人の頑張り次第で給与面も反映されるため自己管理可能な人にはいいと感じます。

 

気に掛かる点

 

休暇休暇【有給休暇の取得】殆どのメンバーが全く取れていない。

 

退職する人が退職前にすべて使用する事が出来ないが若干使用する程度。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

モゲチェックプラザ 口コミ

モゲチェックプラザ 口コミ

 

モゲチェックプラザの評判

 

月額4万円削減できた社員歴1年目の段階で貸し出しを組んだので、フラット35で借金しました。

 

社員歴2年目になって貸し出し減額をやりたいと考え、申し込んでみる事に。

 

迅速に応対してくれた上、月額4万、計300万円もの減額になりました。

 

このようなお金の事はとどのつまり客観的な専門家に折衝するのが良いんだと体感しましたね。

 

個人ビジネス主でも削減できたそこまで収入の高くない個人ビジネス主なので借り換えはあきらめていました。

 

ただしダメ元で話し合いしてみると、建物の評価額なども含め1100万円の良いところがありました。

 

話し合いひとつでここまでプライスが異なるとは正直思っていませんでした。

 

応対も親身で早く、大変助かりました。

 

成功見返り型で心配無用この手の折衝窓口は正直、あまり信用していませんでした。

 

ただしフタを開けてみると話し合いした良かったという結果になりました。

 

加えて、手数料は減額に成功した時しかとられないので、心配無用して折衝可能なのがいいですね。

 

いわゆる嘘のフリー折衝ではなく、現実にフリー折衝なのでよかったです。

 

手間がないとにもかくにも平日は業務や祝日は世帯の事で時ないのですでした。

 

なお、過去の書類を引っ張り出して片付けするのもかなりの手間で悩んでしました。

 

けれどもここなら公的書類も含めて一切お任せできて、手間がなく助かりました。

 

さらに今後機会があればどうぞ使用やりたいサービスです。

 

300万円から1100万円削減できたモゲチェックプラザ 

 

手数料削減できなければ手数料は払わなくていいモゲチェックプラザ 

 

手数料個人ビジネス主でもokモゲチェックプラザ 

 

手数料手間がかからないこのように皆さん得心されているようですね。

 

モゲチェックプラザ

 

 

手数料その口コミは、NHKやテレビ朝日など巨大資本メディアでも緊急記事されています。

 

モゲチェックプラザについて「モゲチェック・プラザ」は住宅ローンの再考(借り換え)をエキスパートに

 

お任せ可能な住宅ローンコンサルティングサービスです。

 

最適な再検討構想のご折衝や全国120銀行の中から最適な借り換え先

 

住宅ローンを教授・遂行します。

 

顧客に代わって金融機構と交渉する事で、最も有利な利率を引き出します。

 

マイナス利率の実際が住宅ローン再検討の絶好のチャンスです!

 

モゲチェック・プラザの特色

 

住宅ローンの再検討見立てがシミュレーションできます。

 

(3秒でどんだけ安上がりになるか所見。マイナス利息の影響で2人に1人は100万円以上リーズナブル。)

 

最初にこの見立てをしてもらう事をイチ押ししています。

 

住宅ローンの利率削減が可能なモゲチェックプラザ。

 

全国から電話で折衝できて、土日祝日にも扱ってしています。

 

モゲチェックプラザ 手数料

 

今までの話し合い実績は3000件を超える実力派サービス。

 

ただし折衝手数料がどんだけなのか理解しておきたいですよね。

 

出費削減可能なと思ったら、手数料でかえって高くなったなんて避けたいところです。

 

モゲチェックプラザ 手数料

 

そのようなモゲチェックプラザですが、手数料はどんだけなのでしょうか?

 

不安なので調査してみました。

 

モゲチェックプラザの手数料はどんだけ?

 

モゲチェックプラザの手数料は、利率削減額の10%になっています。

 

手数料の下限は25万円で、上限は50万円です。

 

公式Webページを見ると、モゲチェックプラザの平均削減額は340万円と書いてあります。

 

そんな訳で公式に見極めしてみたところ、手数料10%を差し引いた後の価格で340万円の削減という事でした。

 

削減額の計算は手数料をすべて差し引いた後の費用になっているという事なので、心配無用ですね。

 

モゲチェックプラザ 手数料

 

ところで、モゲチェックプラザはフリー折衝の段階では手数料は払う必須がないのです。

 

フリー話し合いでシミュレーションをした結果、借り換えをすると判断した事例になって

 

初めて手数料を払う仕組みになっています。

 

なので、折衝をするだけで手数料を取られる事はないのです。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

モゲチェックプラザ クーポン

モゲチェックプラザ クーポン

 

モゲチェック・プラザクーポン

 

全国120銀行からベストな住宅ローンを選択できるモゲチェック・プラザ

 

気に掛かるモゲチェック・プラザクーポンについて知らないと損する!?

 

モゲチェック・プラザクーポン

 

現在から開始するモゲチェック・プラザクーポン

 

大反響中につき目下サービス・提供を打ち切りしております。

 

住宅ローンは、担保型のクレジットなので我が家などの担保が必須となりますが、

 

リフォームローンは、担保型と無担保型、どっちかから選り抜く事ができます。

 

現時点でサービス・提供再開は未定となっております。

 

実際だけのイベント中!

 

公式Webページはこちら!

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

ページのトップへ

 

住宅ローンコンサルティングサービスのモゲチェック・プラザ

page top